BMW K75ハンドル流用 R100RS 楽ちんポジション計画

前回、汎用ライザーを利用してRSハンドルの最適化をおこなったのですが、もう少しだけ楽にならないかな?と思ってK75ハンドルを流用してみました。


ちなみにノーマルのRSシートであればライザーだけでも体とハンドルの位置が近づくので楽になるとおもいます、私のRSはシートを加工しているため着座位置が若干後ろ気味です。
※足つきというより見た目上の加工です。

というわけでまずはライザーだけ追加したノーマルハンドル

横から見るとこんな感じです。

次に追加したライザーにK75ハンドルをとりつけたところ

急に立ち上がるロボハンのように溶接はんどるになります。
トップブリッジ、ライザー、ハンドル共にブラックなので一体感あってアカラサマなアップハンドル感はすくないです。

横から見るとこんな感じです。
ライザー+3cmぐらい手前に来ていて、見た目以上にアップハンドルです。

ちなみに、ライザーで手前に来ているからと言って自由な場所に取付られるわけではなく

少し下げ、ハンドルを切った時にカウルにぶつからないように調整しています。
あまりアップハンドルになると体が起き上がりスクリーンからの風が首元に直撃するので個人的にはちょうどいい高さかなって思います。

ちなみにケーブル類はRS純正のままです、ブレーキホースはRS純正対応のメッシュホースなので基本的にノーマルのまま取り付けが可能だと思います。